題詠blog*久野はすみ


by hasumikan

094:雇

ふかふかのホットケーキを焼き上げて雇われマスター休憩にゆく
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 07:13 | 題詠blog2014

093:印

あの店に前はたしかにあったはず印度カレーをさがして旅へ
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 07:01 | 題詠blog2014

092:勝手

呼びだされ身勝手だったとわびられて割り勘にして帰路につきたり
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 06:08 | 題詠blog2014

091:覧

絶版の歌集まるごと一冊を書き写したり閲覧室に
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 05:43 | 題詠blog2014

090:布

ひそやかに眺めておりぬ花布(はなぎれ)の愛らしさとかスピンの色を
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 05:18 | 題詠blog2014

089:煽

線描の種子の絵いくつも飾られてひどく煽情的なギャラリー
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 04:55 | 題詠blog2014

088:七

「七年目の浮気」は未遂 地下鉄の風におされて地上へもどる
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 04:41 | 題詠blog2014

087:故意

マスカラをきれいに落とす たびたびの失言のうちひとつだけ故意
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 04:03 | 題詠blog2014

086:魅

地獄絵に魅了されたる少年を堂の外から母親が呼ぶ
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 03:30 | 題詠blog2014

085:遥

信心をもたざるわれはふるさとの山にむかいて遥拝をする
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 03:06 | 題詠blog2014

084:皇

目標の八割ほどでリタイアし皇帝ダリアに見下ろされたり
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 02:44 | 題詠blog2014

083:射

的を射た批評に愛がないことのさみしさ白湯をすすりつつ読む
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 02:05 | 題詠blog2014

082:チェック

どこまでも生き延びてくる誤字どもをチェック、ダブルチェックで潰す
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 01:40 | 題詠blog2014

081:網

河と海まじわる場所に立つわれはあらゆるものを網羅してゆく
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 01:20 | 題詠blog2014

080:議

このたびの稟議は通りバラバラに解体される書類の数字
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 00:40 | 題詠blog2014

079:絶対(久野はすみ)

来年のことなど言えば絶対に笑われるけどまた会いましょう

(推敲済)
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 00:10 | 題詠blog2014

078:棚(久野はすみ)

本棚のすきまにそっとはさみこむ笑顔が不得手な二十二歳を
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 00:03 | 題詠blog2014

077:聡(久野はすみ)

森はいつも聡明だから木洩れ日のなかをひとりで歩いてゆける
[PR]
# by hasumikan | 2014-12-01 00:00 | 題詠blog2014
ほのかとはこういう色のことですね人の少なき秋の薔薇園
[PR]
# by hasumikan | 2014-11-30 23:55 | 題詠blog2014

075:盆(久野はすみ)

嫁という人になりきる指先がお盆の上にふきんをのせる
[PR]
# by hasumikan | 2014-11-30 23:50 | 題詠blog2014