題詠blog*久野はすみ


by hasumikan

カテゴリ:題詠blog2008( 103 )

マ・メール・ロワ、音は音とむすばれて絵本の中へ消えてゆきたり
[PR]
by hasumikan | 2008-10-29 03:31 | 題詠blog2008
在籍者名簿を見てもそのようなひとはいません 秋桜も不在で
[PR]
by hasumikan | 2008-10-29 01:39 | 題詠blog2008

070:籍(久野はすみ)

花でなく紙を散らして狼藉の一日はつつがなく暮れてゆく (お題詠み間違い・再投稿済)
[PR]
by hasumikan | 2008-10-29 00:30 | 題詠blog2008

069:呼吸(久野はすみ)

呼吸するマングローブの根のように強く醜い今日のわたしは
[PR]
by hasumikan | 2008-10-27 01:47 | 題詠blog2008

068:踊(久野はすみ)

海沿いの小さな街で見たという踊りつづける靴と白骨
[PR]
by hasumikan | 2008-10-27 01:34 | 題詠blog2008

067:葱(久野はすみ)

葱の花つんつんと咲くたそがれの囁きおぼろ眼差しおぼろ
[PR]
by hasumikan | 2008-10-25 18:58 | 題詠blog2008

066:ひとりごと

仏壇にしなびたリンゴがひとつあり「まだいける」ってひとりごとを言う
[PR]
by hasumikan | 2008-10-21 01:50 | 題詠blog2008

065:眩

白昼のゼブラゾーンの眩惑をわたりきるまで目をふせており
[PR]
by hasumikan | 2008-10-21 01:19 | 題詠blog2008

064:可憐(久野はすみ)

本棚をみたいだなんてよくもまあタチツボスミレ可憐なかおで 
[PR]
by hasumikan | 2008-10-21 00:51 | 題詠blog2008
滅菌処理済みのスリッパはきながらわたしスナフキンなみに憂鬱
[PR]
by hasumikan | 2008-10-18 11:47 | 題詠blog2008