題詠blog*久野はすみ


by hasumikan

カテゴリ:題詠blog2015( 52 )

020:亜(久野はすみ)

いちじくの葉影によれば白亜紀のいきものたちの深き息づかい
[PR]
by hasumikan | 2015-11-30 20:43 | 題詠blog2015

019:靴(久野はすみ)

とりあえず気を取り直し長靴をはいた(長靴にはいった)フェレット
[PR]
by hasumikan | 2015-11-30 20:31 | 題詠blog2015

018:救(久野はすみ)

セーターの袖より深く迷いこみ救出されたフェレットがこれ
[PR]
by hasumikan | 2015-11-30 20:24 | 題詠blog2015

017:画面(久野はすみ)

呼吸する冬のはだか木、昼の月、画面のそとに立っていたひと
[PR]
by hasumikan | 2015-11-30 20:20 | 題詠blog2015

016:荒(久野はすみ)

なにをして荒れたる指かシンプルな手帳にきみは十九時と書く
[PR]
by hasumikan | 2015-11-30 20:08 | 題詠blog2015

015:衛(久野はすみ)

侵略の終わりを言えばなかぞらに地球防衛軍の凱旋
[PR]
by hasumikan | 2015-11-30 19:29 | 題詠blog2015

014:込(久野はすみ)

いつ来ても四、五羽の鳩をとまらせて見込まれているような街灯
[PR]
by hasumikan | 2015-11-30 19:25 | 題詠blog2015

013:刊(久野はすみ)

病室の夕餉は早く父はまた夕刊のなき地方紙を繰る
[PR]
by hasumikan | 2015-11-30 19:22 | 題詠blog2015
やはりおろかな人と思えりぽったりと修正液を紙にたらして
[PR]
by hasumikan | 2015-11-30 19:20 | 題詠blog2015
軒下に怪しきものも呼び寄せて雨月の逢いはなお美しき
[PR]
by hasumikan | 2015-11-30 19:13 | 題詠blog2015