題詠blog*久野はすみ


by hasumikan

カテゴリ:題詠blog2013( 72 )

030:財(久野はすみ)

リュックから長い財布がぬけだして茂みのなかへしゅるしゅると消ゆ
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 08:05 | 題詠blog2013

029:逃(久野はすみ)

逃避行のぞむ男を捨ておいてわが分身とこころゆくまで
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 07:58 | 題詠blog2013

028:幾(久野はすみ)

ロケットを夢見し日々も幾星霜、創元文庫のほこりをはらう
[PR]
by hasumikan | 2013-11-29 23:21 | 題詠blog2013

027:コメント

ぶらさがるコメント欄の重たさよそれでも道は峠をこえて
[PR]
by hasumikan | 2013-11-29 23:16 | 題詠blog2013

026:期(久野はすみ)

冬の陽のふかく射し込むテーブルにてのひらを置くわが間氷期
[PR]
by hasumikan | 2013-11-29 06:25 | 題詠blog2013

025:滅(久野はすみ) 

こんなこと滅多にないとつぶやいてろくろっ首が肩をすくめる
[PR]
by hasumikan | 2013-11-29 06:23 | 題詠blog2013

024:妙(久野はすみ)

一頁落丁のため「奇妙な」で終わってしまう探偵小説
[PR]
by hasumikan | 2013-11-29 04:14 | 題詠blog2013
題名に「不思議な」などとつけるから開けても開けても扉がつづく
[PR]
by hasumikan | 2013-11-29 04:10 | 題詠blog2013

022:梨(久野はすみ)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by hasumikan | 2013-11-29 03:43 | 題詠blog2013

021:仲 (久野はすみ)

なすはなすかぼちゃはかぼちゃ夏の日に仲良く煮物になりにけるかも
[PR]
by hasumikan | 2013-11-29 03:40 | 題詠blog2013