題詠blog*久野はすみ


by hasumikan

カテゴリ:題詠blog2013( 72 )

060:何(久野はすみ)

何回もききまちがえてずれてゆくとんちんかんな間合いが好きだ
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 23:50 | 題詠blog2013

059:永遠(久野はすみ)

おおいなるマジックとして永遠に月の目玉にささるロケット
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 23:45 | 題詠blog2013

058:秀(久野はすみ)

秀でたるひたいをもてる妹は犬の帽子を鈎針で編む
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 23:44 | 題詠blog2013

057:衰(久野はすみ)

衰えるところはそれぞれちがうから鍛え始めるうちがわの筋
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 23:40 | 題詠blog2013

056:善(久野はすみ)

よしあしを論じることも大事だが善根宿のあるわが故郷
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 23:39 | 題詠blog2013

055:駄目(久野はすみ)

大阪の看板は派手もう駄目と声に出しても許されそうな
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 23:34 | 題詠blog2013

054:商(久野はすみ)

勘定はどんぶり財布はざるの目で商才はなし すがすがしいな
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 23:32 | 題詠blog2013

053:受(久野はすみ)

おおげさに受難だなどと言ってみる高速バスの座席にねむり
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 23:28 | 題詠blog2013
ジンロック、ダブルといえば思い出す荻窪の夜の地下のカウンター
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 23:26 | 題詠blog2013

051:般(久野はすみ)

一般とそれ以外との境界を思いつつ言う一般二名
[PR]
by hasumikan | 2013-11-30 23:22 | 題詠blog2013