題詠blog*久野はすみ


by hasumikan

カテゴリ:題詠blog2012( 107 )

096:拭(久野はすみ)

皿の上のソースをぬぐうパンのごと自ら汚れてゆく力とは
[PR]
by hasumikan | 2012-11-30 17:24 | 題詠blog2012

095:樹(久野はすみ)

葉を落とす公孫樹並木のその下を帰路か往路かわからぬままに
[PR]
by hasumikan | 2012-11-30 17:15 | 題詠blog2012

094:担(久野はすみ)

重き荷を振り分けにして担ぎたり善しと悪しとをときどき替えて
[PR]
by hasumikan | 2012-11-30 17:03 | 題詠blog2012

093:条件(久野はすみ)

簡単な旅程のなかに条件があったはずだが忘れてしまう
[PR]
by hasumikan | 2012-11-30 16:56 | 題詠blog2012

092:童(久野はすみ)

鉄橋をわたる車窓のさみどりなかにまぎれて手を振る河童
[PR]
by hasumikan | 2012-11-30 16:52 | 題詠blog2012

091:締(久野はすみ)

修理とは尊き決意オルゴールのねじをきちんと締めあげてゆく
[PR]
by hasumikan | 2012-11-30 12:48 | 題詠blog2012

090:舌(久野はすみ)

珍しい鳥と思えばまた百舌か独りぼっちで高鳴きをして
[PR]
by hasumikan | 2012-11-30 12:36 | 題詠blog2012

089:喪(久野はすみ)

これは絽よこちらは袷この無地を着せてと母は喪を待つごとく
[PR]
by hasumikan | 2012-11-30 12:13 | 題詠blog2012

088:訂(久野はすみ)

貝殻を拾う浜辺に次々とだされるだろう改訂版は
[PR]
by hasumikan | 2012-11-30 08:03 | 題詠blog2012
われはいまチャンスメーカー夏雲はわきたち滝はしぶきをあげる
[PR]
by hasumikan | 2012-11-30 07:50 | 題詠blog2012