題詠blog*久野はすみ


by hasumikan

カテゴリ:題詠blog2010( 101 )

071:褪(久野はすみ)

紺色の褪めてよれたるTシャツの胸に残れり、きみの帆船
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 18:27 | 題詠blog2010

070:白衣(久野はすみ)

遍路道に小さき墓の苔むすを白衣の青年拝みて過ぎる
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 18:19 | 題詠blog2010

069:島(久野はすみ)

島として鳥のあなたをとまらせた いくたびも砕け散る波がしら
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 07:59 | 題詠blog2010

068:怒(久野はすみ)

撫で肩と怒り肩とがならびゆく春の木陰にまもられながら
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 07:35 | 題詠blog2010

067:匿名(久野はすみ)

つぶやきのひとつひとつが透明になりゆく午後の匿名の唄
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 07:28 | 題詠blog2010

066:雛(久野はすみ)

千代紙の男雛と女雛つつましく娘をもたぬわが家を飾る
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 07:23 | 題詠blog2010

065:骨(久野はすみ)

骨密度低くなりゆくゆうぐれのあなたとしずかに浜歩む夢
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 07:04 | 題詠blog2010
二子玉(にこたま)はふたごではなくふたこなりきみとゆきたし多摩川花火
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 06:33 | 題詠blog2010

063:仏(久野はすみ)

仏法僧ぶっぽうそうの鳴き声も去りてますます鎮もる森は
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 06:16 | 題詠blog2010
白と黒それさえあれば事足りるきみの生き方、ネクタイしかり
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 05:43 | 題詠blog2010