題詠blog*久野はすみ


by hasumikan

カテゴリ:題詠blog2010( 101 )

091:旅(久野はすみ)

長編を読み終え見上ぐる揚げ雲雀そろそろ旅に出ようと思う
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 23:03 | 題詠blog2010

090:恐怖(久野はすみ)

消滅の恐怖しずかにしのびよる地下階段をふたりくだれば
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 22:55 | 題詠blog2010

089:泡(久野はすみ)

ふふみたるペリエの泡の消えゆけばもういちど始まる物語
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 22:51 | 題詠blog2010
いきものの気配の満ちる夜なればみずうみ色のマニキュアを塗る
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 22:42 | 題詠blog2010

087:麗(久野はすみ)

ひととおり唄いおわれば麗らかな、野辺の果てまでひなぎくの咲く
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 22:33 | 題詠blog2010
軒下のちいさなちいさな水たまりちいさな空を映してひかる
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 22:27 | 題詠blog2010

085:訛(久野はすみ)

どこにいてもきみは旅びと東京の訛りが語尾をとらえてしまう
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 22:23 | 題詠blog2010

084:千(久野はすみ)

千疋屋のマスクメロンのさみどりのわたしの庭が芽吹きはじめる
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 22:15 | 題詠blog2010

083:孤独(久野はすみ)

三歩あとを必ずついてくる孤独ときおりぎゆうと抱きしめてやる
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 21:48 | 題詠blog2010

082:弾(久野はすみ)

うでとうで交叉してひく連弾に小鳥さざめく春となりたり
[PR]
by hasumikan | 2010-11-30 21:43 | 題詠blog2010